My Share Notes (マイシェアノーツ)

Just share my notes that I want to remember.

BLINCAM

      2017/09/02

こんにちは、yoichiroです。

BLINCAMって聞いたことありますか?

クラウドファンディングサイトmakuakeといで見つけたウインクで撮影するカメラ。支援したのは2016年7月でした。(これが僕にとってクラウドファンディング初体験)

実は多くのメディア (テレビやWEB)でとりあげられたこのBLINCAM。

開発が大幅に遅れたせいなのか、メディアにとりあげられる為期待が大きかったのか?、色々とクレーム的なコメントが数多く寄せられているのを眺めながら、僕は到着を楽しみに待ってました。

当初の予定より何度も出荷予定が延期されましたが、支援から約1年後の2017年6月下旬、無事に手元に届きました。

BLINCAM_CASE

BLINCAM_CASE

BLINCAM

BLINCAM

ただ、届いた時点では商品は手元にあるけどアプリの申請が降りて無いからiOS端末ではまだ見えませんという状況に(苦笑)だけでなく、僕はmacと直接つないでもデータがみえず・・・

自分で解決できると思っていたのですが、一向に解決方法がわからず、8月中旬ついにサポートにメールし、現在は無事にアプリでもPC(mac)でもデータが見えるようになりました。
ここに、僕が気になった点を記載しておきます。

固定用アタッチメント

メガネとの接続用のアタッチメントがS/M/Lと3サイズ用意されいます。
ただ、どれもイマイチで、現状だとメガネの形を選びそうです。

ゴム等、なにか補助的な固定方法も現在検討中!

アプリとの接続に関して(iOSでのみ試しています。)

Bluetooth接続機器って設定のBluetoothから繋ぐイメージでしたがこのBLICAMはBLINCAMアプリから繋がないといけません。

と、思っていたのですが、今日BLINCAMの電源ON→iPhone上で”設定”→”Bluetooth”でBLINCAMを選ぶと下記のような画面が出てきました。

ここで”許可”を選ぶと自動的にBLINCAMアプリが立ち上がります。
尚、先にアプリを立ち上げてBLINCAMの電源を入れた場合は何か操作をしようとした時点でBINCAMを探しに行くwindowが開き選択できるみたいなので、一度設定だけしていれば、アプリを立ち上げるだけで操作できそうです。

シャッターに関して

このBLINCAMというカメラはウインクでシャッターが切れます(というか、ウインクでしかシャッターが切れません)。
アプリ内で調整というか、センサーの感知状況をリアルタイムに見えるので、上手くいかない場合はアプリを立ち上げると確認できます。ただ、アプリで上手くシャッターが切れると思っても次の瞬間には動かなかったりとかなり癖があります。。

写真の確認方法

これが一番問題でした。僕の場合はサポートに問い合わせて解決しましたが、正直こんなに苦労するとは思いませんでした。

iPhoneとの接続

これは僕の使い方が悪かったのか、アプリが悪かったのか今となっては不明です。
(なぜならサポートからはアプリを入れなおしてほしいと言われアプリを入れなおしました後に使い方が違った事に気付いたからです。)
当初、アプリを再インスートルしても全く上手くいかず、不良品かと疑うようになってたのですが、偶然当たったフリックアクションで僕の操作方法に問題があることが判明しました。

BLICAM_APP

BLICAM_APP

僕は当初、写真の取り込みはアプリ上に表示されているREFRESHというところを押せば良いんだと思い、文字上(赤の四角の部分)をタップしていました。
でも、それだと100%アプリが落ちます。
僕はてっきり強制的に落とす事でリフレッシュさせているのだと思っていました。
ところが、この方法だといつまでたってもデータを見ることができません。
正解はフリックでした。

BLICAM_APP

BLICAM_APP

画像の↓の方向にフリック
これで無事に写真が同期されました。
わかってしまえば簡単なんですが、本当にiPhoneで写真を確認するまで時間がかかりました。

PCorMACと接続の場合

これはケーブルを使って普通につなげばUSBメモリとして認識され、中のデータが見えるという事だったので上手くいかないなんて全く想像もしてませんでした。
しかし、何度やっても上手くいかず、サポートに問い合わせた結果はバッテリーがしっかり充電できている状態での電源ONでの接続というアドバイスでした。
もちろんケーブルが充電専用でない事が条件なのですが、これが何度やっても上手くいかない・・・。
諦めようと思った時に、目の前に別のケーブルがあったのでそれを利用してみると、すんなり認識してくれました。
試しに、電源がOFFの状態で繋いでもみましたが、充電モード?になり、データを見ることはできませんでした。(windowsでは確認していません。)

現状

ひとまず無事に写真の撮影から確認まではできるようになりました。
このBLINCAM特に説明書等はなく、アプリに関してはアプリ内での説明、その他はwebマニュアルで記載のURLヘのアクセスとなっているんですが、正直もう少し詳しいマニュアルがあった方が親切だと感じました。
まぁサポートはメールでの問い合わせでも丁寧に答えてくれるので助かりました。

まとめ

カメラとしては面白い。普段取れない写真とか取れそうなBLINCAM。
現状僕が感じているメリットは

  • どこでも好きなタイミングでシャッターを切れる(カメラを出さなくてよい。)
  • 普段取れない写真がとれそう
  • 思ったより軽い(重量)
  • という点です。

    逆に改善要望をあげるなら

  • アプリでリアルタイムに画像を見たい(どこを撮っているか分からない。)
  • アプリへの転送が時間がかかる。
  • アタッチメントの追加?(細軸メガネでも上手く固定したい)
  • フォーカス(ピント)が合わない写真が多い
  • 暗所に弱い
  • シャッターの改善
  • って感じですね。

    こうやって書くと要望の方が多くなる現状ですが、多少のことならファームウェアのアップデートでどうにかなるのでは?と今後への期待も大きいBLINCAM。
    個人的にはとても楽しみなカメラです。
    次回はBLINCAMで撮った写真を少しご紹介しようと思います。

     - camera, IT&TECH ,