My Share Notes (マイシェアノーツ)

Just share my notes that I want to remember.

FileMaker Serverを利用しているmacのOSのアップデートにご注意

   

こんにちは、yoichiroです。

今日は今年最初のトラブルのご紹介
やっとファイルメーカー の記事です!

FM serverをインストールしている機器のOSのアップデートはご注意!

年末に某企業にてFileMaker Serverをインストールしているmac miniをOS X 10.12 SierraからOS X 10.13 High Sierraにアップデートしました。
(FileMaker Server 16です。)
アップデート自体はスムーズに進み、FM Server Admin Consoleのアクティビティで確認しても問題なくデーターベースを開けていたのでなんの心配もされてませんでした。
Fmsac

年始最初の業務でトラブル発生!

年が明け、通常業務を始めた所・・・
トラブル発生!!!

状況確認すると

・データーは見えるのでサーバーとは繋がっている
・書き込み/編集が一切できない
・全てのクライアント端末が同様の症状である

年始早々、通常業務が出来ないほどのトラブルでしたが、OSをアップデートしているという事で簡単に原因究明→解決にいたりました。
(もし、OSをアップデートしたと知らなかったら迷路に入って解決まで時間がかかっていたかも・・・。)

問題はアクセス権だった。

こちらの会社ではFMSのオプションの追加のデータベースフォルダを有効にしてその中にデータベースファイルを保管されていました。
Addfolder
そのファイルのアクセス権からなぜかfmseverが消えていました。
なのでfmserverを追加しアクセス権を”読み/書き”に設定して無事に解決しました。

Accessken

まとめ

2018年最初のファイルメーカーの記事はサーバー機のOSアップデートにおける注意点を記載してみました。注意点というか実際にあったトラブルの備忘録でした。

 - FileMaker, FMS16, trouble ,